よくあるご質問

一番多いご質問

ヘルマンハープを見たり、実際に弾いたりできるところはありますか?
講習会・体験会、または、ショールームで体験していただけます。

関連ページ:体験する

ヘルマンハープの演奏会はいつどこでありますか?
全国各地で催されています。当ページの「全国イベントカレンダー」をご覧ください。

関連ページ:全国のイベントカレンダー

ヘルマンハープは自分で学ぶことができますか?
公認テキスト「ヘルマンハープの奏法<基礎編>」(梶原千沙都著 2012年音楽之友社刊)と、
テキストに準拠したDVDをご覧になれば、独学で学ぶことも可能です。

関連ページ:おうちで楽しむ

五線譜が読めず、楽器を弾いたことがありませんが、ヘルマンハープを弾けるようになりますか?
ヘルマンハープ演奏について、五線譜が読める必要はありません。ショールームや体験会で試奏ができますので、お試しください。
また公認テキスト「ヘルマンハープの奏法<基礎編>」(2012年音楽之友社刊、梶原千沙都著)と、この内容に準拠したDVDをご覧になれば、音楽理論の基礎をヘルマンハープでやさしく学ぶことができます。

関連ページ:体験するおうちで楽しむ

高齢者でもヘルマンハープを弾けるようになりますか?
ヘルマンハープの愛好家の中には、80才を超えてヘルマンハープを始めた方も少なくありません。
お友達とアンサンブルグーループを作って活動したりされている方も多く見られます。
まずはトライアルレッスンや体験会などで、ご自身でお試しになられることをお勧めいたします。

関連ページ:体験する

どれ位の期間で曲が演奏できるようになりますか?
楽譜の難易度にもよりますが、親しんでおられる愛唱歌などであれば、初見でも演奏できる曲がたくさんあります。
ボランティアなどで自由にヘルマンハープの演奏に行ってもいいですか?

ボランティア演奏や地域のイベントなど、基本的に自由に演奏活動を行うことができます。
皆様のイベントをお知らせいただきますと、ヘルマンハープのホームページの「全国のイベントカレンダー」で告知します。

関連ページ:演奏する - 演奏活動のさいは

演奏に関するご質問

イベントなどでの演奏の依頼はできますか?

はい、ご依頼を受け付けております。

①梶原千沙都へのソロ演奏や演奏を交えた講演のご依頼

日本ヘルマンハープ振興会にお問い合わせください。

②振興会登録のアンサンブルグループへの演奏依頼

「アンサンブルグループの紹介」をご覧いただき、グループに直接お問い合わせください。

関連ページ:演奏依頼

ヘルマンハープは、他の楽器とコラボレーションすることはできますか?
可能です。ただし、音量が大きい楽器とのアンサンブル演奏では、ヘルマンハープの演奏台数を増やすか、音響装置を使ってヘルマンハープの音量をバランスよく増幅してください。

教室に関するご質問

近くに教室があるでしょうか?
全国のヘルマンハープの教室一覧にて、お近くに教室があるかをお探しいただけます。

関連ページ:各種教室のご案内 - 教室を探す

教室にいくとどのようなことが勉強できますか?
公認テキスト「ヘルマンハープの奏法<基礎編>」(梶原千沙都著、2012年音楽之友社刊)に基づき、ヘルマンハープの特徴を活かす、基本的な演奏方法を学んでいただけます。
レッスンはグループですか?個人レッスンですか?
グループレッスンを行っている教室が大半ですが、教室によって個人レッスンも対応が可能です。
振興会本部、または、各教室にお問い合わせください。
教室に通うことができないのですが、ヘルマンハープを習うことができますか?
出張レッスンの対応ができるインストラクターもいます。
また、DVD「ヘルマンハープ奏法」を使用して、日頃からヘルマンハープの奏法を学ぶこともできますし、日本ヘルマンハープ振興会主催の「ヘルマンハープ・デー」など、1日講習もございます。
ご興味のある方は、振興会本部にお問い合わせください。

関連ページ:奏法講習会おうちで楽しむ

ヘルマンハープは何歳から教室で習うことが出来ますか?
個人差はありますが、しっかり音を出すことができるようになる、小学校中学年ごろを目安にお考えください。
幼児期のお子様には、情操教育にお母様が活用されることをおすすめします。

楽器などのご購入に関するご質問

楽器(ヘルマンハープ)を注文するには?
弊社のWebサイトからお問い合わせ頂けます。
また、ファックスで注文書をお送りいただくこともできます。
ご注文を頂いた後、弊社より注文確認書とお支払方法のご案内をさせていただきます。
ご記入の方法が分からない時は、お電話でお問い合わせください。

関連ページ:日本ヘルマンハープ公式オンラインショップ

どの種類のハープを選んだら良いですか?初心者向けの楽器はどれですか?
一般に教室に通われる方には2オクターヴの音域をもつMタイプのハープをお勧めしています。
また、主にメロデイーを弾いて楽しみたい方にはSタイプ、ソロ演奏やアンサンブルで低音域をカバーする演奏が必要と感じる方にはLハープをお勧めしています。

関連ページ:ヘルマンハープ早わかりガイド

重さはどれぐらいですか?持ち運ぶことはできますか?
重さは、Lタイプが4kg, Mタイプが2.1kg 、Sタイプが1.4kg となっております。
お持ち運びには、MやSタイプが便利です。
ヘルマンハープの専用ケースには、Sタイプを除いてリュックサックベルトもついており、背負うこともできます。
ハープスタンドは必要でしょうか?角型と丸型の違いは何ですか?
ステージでの演奏のみならず、ご自宅での練習の際も、ハープスタンドを使うと高さや角度を自由に変えることができるので、演奏がしやすくなります。
L用のハープには、丸型スタンドのプレートの方が大きくて安定感がありますが、重量は重くなり、持ち運びには不便です。
楽譜は一枚から購入することは可能ですか?
楽譜の販売は楽譜集のみの販売となっています。楽曲の個別販売はしておりません。
ハープ以外には何を購入する必要がありますか?また、それにかかる費用はいくらですか?
楽器をご購入の方には、著作権遵守の方針から楽譜集を1冊は、必ずご購入いただいております。
その他、ハープケース、湿度調節シート、チューナー、コンタクトマイク、防錆クリーナー(ファストフレット)などを初期購入でお勧めしております。
商品詳細は日本ヘルマンハープ公式オンラインショップよりご覧いただけます。

関連ページ:日本ヘルマンハープ公式オンラインショップ

ハープを注文してからどれぐらいの期間で手元に届きますか?
ご注文時の状況により一概には言えませんが、Mタイプで約1~2か月です。
Lタイプやラインゴールドの最高級モデルは3か月以上かかる場合もあります。
ショールームには店頭販売用の商品を備えている場合もありますので、お問い合わせください。
楽器の分割払いは可能ですか?
一万円以上のお買い上げの際に、クレジットカードでのお支払いを承っております。
分割払いはご利用のクレジット会社へお問い合わせください。
Lタイプ用の楽譜は販売していますか?
Lタイプ用の楽譜は現在販売しておりません。
ただし、Lタイプのハープをご購入の際には、ヘルマン・フェー氏が作成されたLタイプ用楽譜集を、記念にサービスとしてお付けしています。
また、Mタイプの出版楽譜をLタイプのハープに差し込み、お好みの音域に合わせて弾くことができます。
アンサンブル用の伴奏楽譜は、1オクターヴ低い音域に合わせて弾くと、豊かな低音の響きを楽しむことができます。

楽器のメンテナンスに関するご質問

チューニングは自分でできますか?
簡単にできるようになります。
ヘルマンハープを購入された時に添付されている「取扱い説明DVD」をご覧いただくと、簡単にチューニング方法を身に付けていただけます。
弦の張り替えがしたいのですが、自分でもできますか?
弦をご購入の際には、弦の張り替え方法の説明書をお渡し(ご送付)します。
不明な点があれば、(株)日本ヘルマンハープまでお問い合わせください。
弦は何年ぐらいで張り替えた方がいいですか?
使用頻度や演奏の仕方、お手入れの仕方によって異なります。
チューニングの際に弦を一旦緩め、はじきながら4分の1回転ほど、一気に左巻きにチューニングキーを回してみましょう。
"キュ~ン"と変化する音が出なくなったら弦の張り替え時です。
楽器の値段の違いは何ですか?
主に、材質の違いと塗装仕上げ方法の違いが値段の違いとなります。
そのほか、響孔の数や部品の材質、仕上げの差も価格に反映されています。
楽器はケースにしまっておく方がいいですか?
楽器を演奏しないときは、湿度調節シート(モイスレガード)と一緒に中袋に入れ、ケース内で保管されることをお勧めします。
どの木製楽器にも共通の問題ですが、気温や湿度変化に長時間さらすと楽器の板割れやチューニングピンの緩みの原因となります。
お手入れ用品の商品詳細は日本ヘルマンハープ公式オンラインショップよりご覧いただけます。

関連ページ:日本ヘルマンハープ公式オンラインショップ

モイスレガード(湿度調節シート)はなぜ必要なのですか?
楽器は自然の木材を使って製作されているため、湿度や温度などの大きな気候変化を嫌います。
そのため、乾燥時には加湿をし、湿度が高くなると湿度を吸収する湿度調節シート(モイスレガート)をハープと一緒にハープケースに入れていただくことをお勧めしています。
保管はどのようにすればいいですか?
ケースに湿度調節シートと一緒に入れて保管することがベストです。
加えて、直射日光のあたる場所や暖房器の近くでの使用は控えてください。
数時間出しておくことは問題ありませんが、埃などがかからないようにハープをカバーで覆って頂くことをお勧めします。

楽譜・CDに関するご質問

販売されている楽譜は何曲ぐらいありますか?
出版楽譜は約200曲ございます(2013年11月現在)。楽曲単体ではなく、楽譜集のみの販売となります。
楽譜の商品情報は日本ヘルマンハープ公式オンラインショップよりご覧いただけます。

関連ページ:日本ヘルマンハープ公式オンラインショップ

ヘルマンハープで弾きたい曲の楽譜を作れますか?
五線譜の楽譜があれば、自分でヘルマンハープの楽譜を書くこともできます。
ただし、自己使用に限ります。他の方に販売することはできません。
ヘルマンハープのCDはありますか?
2013年現在、ヘルマンハープの世界最高の奏者とドイツの指導者たちからも評されている梶原千沙都のCD「会えるそのときまで」、「バリアフリーの花~ヘルマンハープ・サウンド~」を発表しています。
後者は、ヘルマンハープの演奏の可能性を知ることのできるCDです。
また、ドイツ直輸入版で、楽器開発者ヘルマン・フェー氏率いるダウン症者中心のアンサンブル・アルペジオのCD、「シュレーフト・アイン・リート」もございます。 CDの商品情報は日本ヘルマンハープ公式オンラインショップよりご覧いただけます。

関連ページ:日本ヘルマンハープ公式オンラインショップ

インストラクターに関するご質問

音楽大学を出ていませんが、インストラクターになれますか?
インストラクター養成講座の受講には、豊かな音楽経験と音楽知識を必要としますが、音楽大学出身である必要はありません。
詳細は「インストラクターを目指す」からご覧いただけます。

関連ページ:インストラクターを目指す

インストラクターになるための年齢制限はありますか?
インストラクター養成講座の応募は、応募時点で60歳未満の方を条件としております。
60歳以上の方で意欲のある方は、同好会のリーダーなど、無償での活動は構いませんので、そのような活動をご検討ください。
インストラクターになるには、高度な技術が必要ですか?
必ずしも、ずば抜けた演奏技術が必要ではありませんが、インストラクターの基本は、自らが公認テキストに基づいてヘルマンハープの基本演奏を正しく身に付け、それを受講生の皆様に教えることとなります。